AD2

よくある質問
FAQ


AD2の
セキュリティについて

AD2での個人情報の取り扱いは、万全のセキュリティ体制のもと管理されています。

シナジーマーケティング社のセキュリティ体制

●プライバシーマーク

プライバシーマーク

2004年4月にプライバシーマークを取得して以降6度の更新を重ね、個人情報の取扱を適切に行う体制などを定めた最新規格「JISQ15001:2006」の準拠認定を受けております。
プライバシーポリシーをWebサイトで公開。

●ISO/IEC27001:2005「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」

ISOマーク

2013年10月に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の標準規格である「JIS Q 27001:2006(ISO/IEC 27001:2005)」の認証を取得いたしました。多くのお客様に高品質なサービスを提供することを目的に「ISMS(情報セキュリティ)基本方針」を定め、お客様の情報を適切に管理して、機密をしっかりと守るための仕組みを構築しております。情報セキュリティへの取り組みをWebサイトで公開。

アップロードするデータはクラウドシステム「Synergy!」に格納

Synergy!

Synergy!は国内トップクラスのクラウドCRMシステムです。ファイアウォールによる不正侵入検知や暗号化など、外部からの防護はもちろん、データの「持ち出し」を防ぐため、細やかな権限設定・操作ログ・強制ログオフ・二重ログイン検知などのセキュリティ機能を有しています。そのため、データを格納していただいた時点から暗号化されるまで、外部からのアクセスによる漏洩リスクはありません。

セキュリティチェックへの対応

クラウド環境に個人情報を格納すること自体は多くの企業が実施されていますが、Synergy!にデータを預けることへの可否を判断いただくことになります。機密保持契約(NDA)の締結、情報システム担当者への説明、セキュリティチェックシートへの回答も行いますので、必要に応じてお申し付けください。

媒体連携時はハッシュ化します

媒体には、AD2でメールアドレスや電話番号をハッシュ化(不可逆な暗号化)して渡し、マッチングしています。そのため、外部 に個人情報を渡しているわけではありません。

運用上、個人情報の漏洩リスクは存在しません

AD2の管理画面は、広告主用の管理画面・代理店用の管理画面ともに、格納しているデータを閲覧することは一切できません。

「AD2セキュリティ資料」をダウンロードする

こちらの資料を確認ください。

● AD2セキュリティ資料(PDF/4.1MB)