AD2データ取扱いポリシー

第1条(目的)

本ポリシーは、シナジーマーケティング株式会社(以下「当社」といいます)が提供するサービス「AD2」(以下「本サービス」といいます)に、データの所有者である貴社がアップロードしたメールアドレス、電話番号、及びその他のデータ(以下「本件データ」といいます)に関する、ポリシーを定めるものです。

第2条(適用)

1.本サービスの利用契約は、貴社が広告運用を委託する代理店(以下「代理店」といいます)と当社の間に成立しますが、本件データに関する一切の事項には、本ポリシーが適用されます。
2.本ポリシーは、本件データに関する貴社、代理店及び当社3社の間の最優先契約であり、本ポリシーへの同意の成立前後を問わず、または文書口頭の形式を問わず、3社の間の本ポリシーと抵触する契約条件はこれを排除するものとします。

第3条(当社の情報管理)

1.当社は、貴社からの個別の依頼がない限り、本件データを利用し、訂正・追加・削除し、及び第三者へ提供することはありません。但し、法律で義務付けられる可能性がある場合、または行政・司法権による要請がある場合は除きます。
2.当社は、本件データを、技術面及び組織面において合理的な安全対策を講じ、本件データの管理を厳格に行うものとします。

第4条(本件データの消去)

1.当社は、貴社が本サービスの利用を終了したとき(解約成立時を指す)、当社所定の手続きに従い、本件データを復元困難な方法で消去します。
2.貴社が希望する場合、当社は、当社所定の消去証明書を発行します。

第5条(委託)

当社は、貴社の承諾を得ることなく、当社の裁量により、本サービスに関する業務を再委託することがあります。

第6条(貴社の情報管理)

1.本件データのバックアップが必要な場合、貴社にてバックアップを取得するものとします。当社は、システム障害時の対策のために、当社の判断でバックアップを取得することがあります。
2.貴社は、個人情報(メールアドレスを含む)を取得する際に、法令(個人情報保護に関する法律及び特定電子メール送信適正化法を含みます)等の要請に従い、必要な同意等を取得するものとします。
3.貴社は、個人情報の削除・訂正の依頼等、個人情報の所有者からの依頼に、自己の責任と費用で誠実に対応するものとします。当社がこれらの依頼に対応することはできません。

第7条(緊急時報告)

当社は、本件データの漏えいその他の事故を発見した場合、またはそのおそれがあると認めた場合、直ちに貴社に報告をするとともに、原因究明と被害拡大防止に努めます。

第8条(検査)

貴社は、本件データの取扱状況について、当社から報告を求めることができます。貴社が報告を希望する場合、貴社はチェックシートなどの書類で求めるものとし、当社の事務所等への立ち入り検査を行うことはできません。

第9条(損害賠償)

貴社及び当社は、故意または過失により、相手方または第三者に損害を与えた場合、直接かつ現実に生じた損害を、賠償する責めを負うものとします。損害賠償金額は、代理店が過去3か月間に支払った本サービスの利用料金を上限とし、それ以外の損害については一切責任を負いません。

第10条(紛争の解決)

1.本ポリシーに関して、紛争等が生じた場合、双方誠意をもって協議し、できる限り円満に解決するものとします。
2.本ポリシーに関する準拠法は、日本国法とします。
3.本ポリシーに関する一切の紛争については、被告の本店所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を専属的管轄裁判所とします。

以上

2018年1月29日 制定