AD2

事例
Case

中小企業に特化し高品質なサービスを提供する、ソウルドアウトならではのAD2活用

ソウルドアウト株式会社

地方、中小・ベンチャー企業を中心に、さまざまな業種でAD2を導入いただき成果を上げていただいているソウルドアウト株式会社。今回は、ソーシャル広告の運用チームの穴田さん・重久さんに、ソウルドアウトのサービス特色やAD2の活用についてお話しを伺ってきました。

(左から、シナジーマーケティング光山、ソウルドアウト重久さん・穴田さん)

中小企業に高品質なサービス提供を行う秘訣

光山 まず、お二人のお仕事について教えて下さい!

 

穴田 私がソーシャル広告やオペレーションの運用全般の統括をしており、重久はソーシャル広告運用チームの責任者をしています。

 

光山 御社のサービスの特徴を教えていただけますか。 

 

穴田 弊社の特徴は、中小・ベンチャー企業や地方が抱える課題に対し、デジタルマーケティングを中心に支援していることです。広告会社は予算に応じてサービスレベルを変えるモデルが多いですが、そうすると広告予算が大きい大企業は手厚いサービスを受けられる一方で、広告予算が限られる企業は手厚いサービスを受けにくくなってしまいます。

しかし、我々は中小・ベンチャー企業に特化して、予算に関わらずご満足いただけるサービス提供ができる体制を構築しています。

 

光山 私も前職は広告代理店でしたが、広告運用業界の通例として、広告費用が大きい=高品質サービスという認識でした。広告予算が大きいからリソースを投下することができる。広告予算が限られているとリソースが投下できない。結果、低品質につながるという点で、トレードオフの関係だと思います。

広告予算が限られていても高品質でサービス提供ができる秘訣はなんでしょうか?

 

穴田 生産性の高いオペレーションが非常に重要です。人に依存しない業務を極力自動化することで、リソースの低減につなげています。つい最近では、高知の四万十川にオペレーションセンターを立ち上げる他、RPAなども積極的に取り入れ業務の自動化に取り組んでいます。

 

光山 なるほど!人に依存しないオペレーションを行うことで、広告予算に左右されないサービス提供の体制を構築できているのですね。

広告運用者がクリエイティブ作成を行うメリット

光山 ソーシャル広告チームとしての特徴はありますか?

 

穴田 一般的には、広告運用とクリエイティブを作る担当が分かれているケースが多いですが、弊社では一人の担当が運用とクリエイティブ作成を行っています。

ソーシャル広告はクリエイティブによる成果の変動が大きく、クリエイティブの寄与度が高いです。そのため、日頃数値を管理している運用者自らがクリエイティブを作成することで、スピーディーにPDCAをまわすことが可能です。

また、他メディアの広告と異なり、ソーシャル広告ではハイクオリティなクリエイティブではなく、ユーザー目線のユーザー作成コンテンツ(UGC)に近い広告表現が求められます。ここもクライアントのことを理解している運用者が企画することで、効果の高いクリエイティブを作り出すことができます。

 

光山 どうしても、運用者と制作者が分かれていると、お客様のビジネス理解においてズレがでてくることもあると思います。お客様に向き合っている運用者が、クリエイティブも含めて運用できるのは素晴らしいですね!

 

重久 ソーシャル広告は、通常のディスプレイ広告と成果のでるクリエイティブの考え方が大きく異なります。そのため、日頃からお客様のことを考えている運用者の「肌感」によって成果が左右されることも多々あります。

 

光山 なるほど。ソーシャル広告ならではの運用体制なのですね!

AD2導入の背景と活用について

光山 御社ではすでにAD2を多く導入いただいておりますが、元々どういった点に興味を持っていただきましたか?

 

穴田 現在の広告運用は自動化が進化しています。そのため、広告運用者に求められるのは、「クリエイティブ」と「データ活用」だと考えています。

データ活用においては広告プラットフォームのAIに、いかに効果的な学習を行うためのデータが提供できるかがポイントです。弊社では効果的なデータ活用を「リストマネジメント」とよんでおり、クリエイティブと同様、1st パーティデータの活用において特に注力しています。

中小企業においては、Webサイト経由のデータがあまり多くない=効果的な学習を行うためのデータ量が十分ではないため、運用の自動化を行いにくい現状があります。

データ量が少ない中小企業でもデータに力をもたせるため、メールアドレスや電話番号などの正確かつ、会員情報・購買情報が紐付いた質の高いデータを活用することで、広告運用の成果改善ができるのではないかと考えました。

AD2を活用することで、質の高い顧客データを活用した効果的なリストマネジメントが可能となり、広告運用の成果改善につながります。

 

光山 広告代理店に求められる役割も変わってきているのですね。リストマネジメントにAD2が寄与できて嬉しいです!

具体的な運用の改善例を教えていただけますか。

 

重久 不動産会社などでは自社で保有されているWebトラッキングデータが少ないため、ライトコンバージョン(この場合は、会員登録・資料請求フォームへの到達を意味する)を設けて、そのデータを活用した類似配信などを行うことが多いです。

ライトコンバージョンを設けることでデータ量を増やすことは可能なのですが、お客様が求めているのは実際の成約となるので、ライトコンバージョンとのギャップが発生します。そこで、成約者や見学者などの質の高い顧客データも活用することで、ターゲティングの質を高めることができます。

 

光山 なるほど。類似配信において、学習元のデータに顧客データを紐付けることでデータの精度を高めるということですね。ちなみに類似配信において効果が出やすい媒体はありますか?

 

重久 ターゲットの特性によって異なりますが、Facebookの類似配信は効果が出やすいです。Facebookは興味関心・デモグラなどと比較しても勝率が高いターゲティングで、弊社としても注力しています。

ターゲティング精度が高いポイントは、『正確な個人データ』と「いいね」などの『リアルタイムの行動データ』を持っている点と考えています。

  • 正確な個人データ:Facebookは実名性の高いメディア
  • リアルタイムの行動データ:「いいね」や「友達のつながり」などで、リアルタイムにユーザーが興味を示しているものを判別できる

このように、リアルタイム性が高い正確な個人データを元にターゲティングを行うことで、似ている人を探しやすいと考えられます。他の媒体だと、ここまでの情報は持っていないのではないでしょうか。

 

光山 なるほど。媒体特性上、似ている人を探しやすいのですね。ちなみに、効果の高い業種はありますか?

 

重久 LTVやロイヤリティなどのデータを保持されている企業は効果が出やすいです。

例えば、単品通販事業社のロイヤルカスタマーデータ(一定回数購入している)をFacebook広告で類似ユーザーに広告配信を行うなどの施策はよく行っていますね。

 

光山 なるほど。単品通販は顧客データの活用余地がありそうですね!

 

穴田 話は変わりますが、リターゲティング広告などに代表されるCookie情報を活用したターゲティングは厳しい状況があります。アップル社のITPやFirefoxのCookieデータ保持廃止など、デバイス側でのCookieデータの制御が起きており、活用が困難になってきています。

例えば、購入したユーザーを除外しているつもりでも、できていないケースが発生しており、無駄な広告予算がかけられています。AD2を導入することで正確な除外ができれば、広告費用の無駄コスト削減分だけでもツール費用を回収することができます。

 

光山 Cookieデータの抑制の流れにどう対応するかは、今後ますます課題になってくると思います。ぜひ、自社の顧客データやAD2をうまく活用いただきたいです!

セグメント自動生成機能で工数を削減

光山 今後AD2に期待することはありますか?

 

重久 AD2自体、操作は簡単なツールですが、新しいツールではあるので、運用現場からすると管理画面が増えるストレスはあります。そこをどう解消できるかがポイントになってくると考えています。

 

光山 運用者からすると、管理画面が増える負荷は大きいですよね。そういった声も受けて、運用負荷を軽減する「データの自動生成機能」を最近リリースしました!

これはセグメントを自動で生成する機能で、利用目的やデータの項目・ボリュームに合わせ、AD2側で効果的なセグメントを自動で生成します。

 

自動生成されたリストは、そのまま広告連携/コピーして活用いただくことも可能

 

AD2を導入いただくとカスタマーサクセス担当をつけさせていただくのですが、その担当者が広告施策の目的や活用データをヒアリングし、その前提をインプットした上で、類似業界の実績などを元に効果的なセグメントを生成します。

 

穴田重久 おー。素晴らしい!これはありがたいですね!!

新規獲得~LTV向上も含めた設計を支援していきたい

光山 AD2の活用で、今後取り組んでいきたいことはありますか?

 

穴田 新規顧客を獲得して終わりではなく、獲得した新規顧客にいかにリピートをしてもらうか、LTVを高めていくか、といった指標での運用を取り入れていきたいと考えています。

 

重久 現状はアドレサブル広告に特化したクリエイティブやLPなどは、まだまだ取り組みができていないケースが多いです。今後はクリエイティブ領域でも、「この顧客(リスト)に対してはこのLPへ誘導する」といった勝ちパターンを作っていきたいです。

 

光山 ありがとうございます!まだまだ取り組み余地がありそうで嬉しいです!今後ともよろしくお願いいたします。

ソウルドアウト株式会社
ビジネスソリューション本部 メディアソリューション部 部長
穴田 星児さん
ソウルドアウト株式会社
ビジネスソリューション本部 メディアソリューション部 部長補佐
重久 正太さん

この記事をシェアする